お知らせ クーポン ヘルプ
コラムカテゴリ男性AGA

白髪があってもAGA治療はできる? 白髪染めはNG?

2024/05/27
監修:三上 修

薄毛とともに頭髪の悩みとして白髪を気にされる方は多いのではないでしょうか。薄毛で白髪の人の場合、「白髪があってもAGA治療はできるのか?」、「今まで白髪染めを使ってきたけど、AGA治療を始めたらやめた方がいい?」など疑問もあると思います。今回は白髪とAGA治療の関係を中心に解説します。

白髪は髪の老化現象?

人は年齢を重ねるにつれて、遅かれ早かれ、皮膚のたるみやしわなど、体にさまざまな変化が出てきます。白髪はわかりやすい変化の一つですが、老化に伴い、髪には他にも様々な変化が出てきます。ここでは、老化に伴い、髪にどのような変化が生じるかについて説明します。

老化すると髪はどうなる?

老化により髪にはさまざまな変化が現れます。中でも最もわかりやすい変化が白髪です。白髪は、体内に存在するメラニンと呼ばれる色素が減少することにより発生します。

歳を取ることによる毛髪の変化は白髪だけではありません。老化により、髪は細くなり、色がくすみ、乾燥し、また、もろくなります。白髪はメラニン色素の減少によるものですが、その他の変化は、毛根部分の形状の変化が関係しています。

■白髪のメカニズム

※毛根については、こちらの記事もあわせてご確認ください。
毛根が死滅したら毛は生えない? 休眠状態ならどうなる?

脱毛も髪の老化?

男性脱毛症(AGA)は、一般的に老化現象と考えられることも多いのですが、どんなに長生きしてもAGAにならない人もいます。

一方、老化による毛髪量の減少は「老人性脱毛症」と呼ばれ、多くの研究者が提唱しています。老人性脱毛症は、50歳以降のすべての人にみられる脱毛症です。頭髪だけではなく、全身の体毛でも同様の現象が起こり、男性ホルモン(アンドロゲン)は関係していないといわれています。老人性脱毛症では毛髪が細く短くなります。

しかし、実際のところ、高齢男性にみられる脱毛症の多くはAGAです。多くの高齢男性では、AGAと老人性脱毛症は共存しているものと考えられます。

白髪は髪の老化現象

白髪には、50-50-50として知られる経験則があります。人口の約50%が50歳までに50%白髪になるというものです。

ただし、実際に白髪に移行するタイミングは、人種や性別によって異なります。一般的に、黒色人種より白色人種の方が白髪になる年齢は早く、また、女性より男性の方が早く白髪になりやすいことがわかっています。実際、日本人の場合、男性では30代前半から白髪がみられ始めますが、女性の場合は30代後半からです。

男女では、白髪が目立ち始める場所も異なります。男性の場合、白髪はこめかみともみあげから始まり、頭頂部や他の頭部に進行し、最後は後頭部に到達します。一方、女性の場合、白髪はセンターラインから始まります。

いわゆる若白髪についても人種によってタイミングが異なります。アジア人の場合は、25歳より前の白髪が若白髪となります。

白髪が発生するタイミングは人によって違いますが、50歳を過ぎると、ほとんどの人で白髪が目立つようになり、60歳までには全ての人で白髪がみられるようになります。

白髪があってもAGA治療はできる?

白髪がある場合、AGA治療は問題なくできるでしょうか。効果や安全性も含め、白髪の方のAGA治療における疑問にお答えしていきます。

白髪と薄毛の関係は?

よく白髪の人はAGAになりにくいといわれますが、白髪とAGAはメカニズム的に直接の関係はありません。一般的に白髪が目立つような人は薄毛ではないため、白髪が目立っているものと考えられます。また、AGA治療により白髪が改善されることもありません。

老化による白髪の場合、老人性脱毛症による細く短い髪や脱毛の影響で、AGA治療薬の効果が実感できないかもしれません。反対に、白髪の人は黒髪の人と異なり、頭皮の地肌と髪のコントラストが小さいため、薄毛が目立ちにくくなるといったことも考えられます。

基本的にはAGA治療を行っても問題なし

フィナステリド、デュタステリド

白髪におけるフィナステリドやデュタステリドの使用は特に禁止されていません。ただし、白髪は高齢者に多いことから、高齢者における服薬の注意点(効果や副作用が出やすくなる、併用薬に注意する、など)に気をつける必要があります。

高齢者に関する注意点としては、フィナステリド(プロペシア®)の添付文書に「一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意すること」と記載されています。

ミノキシジル外用剤

ミノキシジル外用剤は頭皮に使用する薬ですので、整髪料や白髪染めと同時に使用することはできません。

整髪料はミノキシジル外用剤を塗布後、十分に乾いてから使用しましょう。

白髪染め、ヘアカラーやパーマに関しては、ミノキシジル外用剤を洗い流してから行うようにしましょう。

ここでは、主に白髪で高齢者の場合について解説しました。白髪でもまだ若い人は状況が異なりますので、ここに書かれていることがすべて当てはまるわけではありません。気になることがあれば、医師に相談することをお勧めします。

※DMMオンラインクリニックの提携医療機関では、75歳以上の方へのAGA診療はできかねます。また、65歳以上の方には処方できない治療薬を取り扱っています。予めご了承の程お願いいたします。

白髪でのAGA治療はした方がいいのか

白髪だからといって、AGA治療ができないというわけではありません。

ただし、高齢者の場合は、老人性脱毛症による薄毛の影響もあることから、AGA治療薬では期待した効果が得られない場合があります。また、白髪の場合、薄毛はそれほど目立たない人もいます。自分にとってAGA治療が必要かどうかお悩みの方は、医師に相談してみましょう。

出典

DMMオンラインクリニックでは
予約、事前問診、ビデオチャットでの診察、決済、薬の受け取りまでワンストップで完結!
スマホやPCで、お好きな場所から医師の診察を受けられます。

問題が解決しない場合は、
こちらからお問い合わせください。